無職でクレジットカードを作る裏技リンク集

無職でクレジットカードリンク集

クレジットカード関連本で、通販で購入できるものをまとめました。書評で読者の視点からみたおすすめ具合もわかります。本を選ぶ参考にしてください。

クレジットカード犯罪・トラブル対処法―カードの基礎知識から現下の諸課題まで


NO_IMAGE
タイトルクレジットカード犯罪・トラブル対処法―カードの基礎知識から現下の諸課題まで
著者末藤 高義
出版社民事法研究会
価格3675円



お金と友だちになる本―ちょっとリッチなマネープラン


NO_IMAGE
タイトルお金と友だちになる本―ちょっとリッチなマネープラン
著者泉 欣七郎
出版社素朴社
価格999円



年金担保被害救済マニュアル―年金をとりもどそう


NO_IMAGE
タイトル年金担保被害救済マニュアル―年金をとりもどそう
著者甲斐 道太郎
出版社耕文社(印刷)
価格2100円



ヤミ金融対策マニュアル―各地の取り組みとヤミ金融撃退の実務


NO_IMAGE
タイトルヤミ金融対策マニュアル―各地の取り組みとヤミ金融撃退の実務
著者全国ヤミ金融対策会議
出版社全国クレジットサラ金問題対策協議会
価格2000円
発送可能日通常1−2週間以内に発送



最新過払い金返還請求の実務―第11回クレ・サラ・商工ローン実務研究会in千葉2003.6.14


NO_IMAGE
タイトル最新過払い金返還請求の実務―第11回クレ・サラ・商工ローン実務研究会in千葉2003.6.14
著者全国クレジット・サラ金問題対策協議会
出版社全国クレジット・サラ金問題対策協議会
価格2000円
ボクはこの本で80万円取り返しました!
レビュー日:2005-03-13  評価:★★★★★
内容は法律の実務家に向けたものとなっておりますが、決して難しくはありません。本人訴訟で過払い金訴訟をしたいという人にとっても書式、判例、サラ金担当者の予想される攻撃に対する防御方法などの詳細の記述はとても参考になりました。サラ金担当者が和解を申し出てきたとき、いくらで和解すべきか、生活保護申請のノウハウなど実践的な内容で、とにかく定価の分は必ず元は取れる内容です。過払い請求をする人はそれほど多くはないかもしれませんが、任意整理、特定調停を検討している人にとっても役にたつ本だと思います。




デビットカードのすべて―実利アップ、最後の切り札!加盟手続きから導入事例まで


タイトルデビットカードのすべて―実利アップ、最後の切り札!加盟手続きから導入事例まで
著者二ノ宮 尊徳,岩田 昭男
出版社ウィザードプレス
価格1680円



お金を上手にふやす金融商品実用百科―正しい利殖のための必携書


NO_IMAGE
タイトルお金を上手にふやす金融商品実用百科―正しい利殖のための必携書
著者北 竜彦
出版社青潮出版
価格1223円
発送可能日通常1−2週間以内に発送



借金帝王学―借金ふみ倒しのプロと破産する人々


NO_IMAGE
タイトル借金帝王学―借金ふみ倒しのプロと破産する人々
著者香月 秀之
出版社スタープレス
価格1470円



詳説信用リスク商品―クレジット・デリバティブと証券化の実務


タイトル詳説信用リスク商品―クレジット・デリバティブと証券化の実務
著者水野 裕二,河合 祐子
出版社ISコム
価格3570円
初心者向けです
レビュー日:2003-07-05  評価:★☆☆☆☆
本書に書かれているような内容は、証券会社や銀行が持ち込む資料の域を出ていません。これにお金を払うというのはちょっと…。

クレジットデリバティブ初心者必読
レビュー日:2002-11-05  評価:★★★★★
良書。丁寧な記述・分かり易い図表・ロジカルな章の構成などのおかげですらすらと読める。クレジットデフォルトスワップから始まり、リパッケージ債、クレジットリンク債、ABS 、CDO と複雑なストラクチャード商品まで紹介しているが、取引の特徴や投資家から見たメリット・デメリットを非常に簡潔に説明しており、なぜそれらの商品が必要になるのかという本質的な意味が初心者でも理解できる。日本と欧米の市場の比較についても興味深いものが多くて参考になる。数式はほとんどないので、「デリバティブ?数学できないから無理だ−」という人にもお薦め。

誰でも読める信用リスク本
レビュー日:2002-04-05  評価:★★★★★
クレジット絡みの金融商品を幅広く網羅し、かつ非常に分かりやすくまとめられている。全く敷居は高くなく、この手の金融商品にはじめて投資しようと検討している人(企業)から金融機関の営業担当者、この分野を志す学生まで無理なく読むことができると思う。

初心者にもプロにも使える本
レビュー日:2002-04-04  評価:★★★★★
信用リスク商品といっても様々な種類のものがありますが、それらのほとんどすべてを網羅し、かつ、初心者にとっても非常に分かり易く解説している点において(一方、その道に精通しているプロにとっても物足りないということはなく、一種のバイブルとしての役割も果たすと思われます)、画期的かつ待望の著書であると思います。また、本書は社内の研修用にも有用であると思います。 信用リスク商品、特にストラクチャード商品は仕組みが複雑なため間違った認識をされ易く、ともすれば危険な商品との印象を持たれがちですが、含有するリスクを正しく理解すれば非常に魅力ある商品となるでしょう。本書の解説を通じて信用リスク商品に対する理解者が増えることにより、日本における信用リスク商品マーケットが一層拡大することを期待しています。        (証券化商品組成担当者)




わたしの消費者金融利用体験


NO_IMAGE
タイトルわたしの消費者金融利用体験
著者難波 利三,JCFA広報委員会
出版社JCFA



リンク

クレジットカードを作ろう 相互リンク募集中!
クレジットカードリンク1 クレジットカードリンク2 クレジットカードリンク3 クレジットカードリンク4 クレジットカード紹介2 クレジットカード紹介3 クレジットカード紹介4 クレジットカード紹介5 クレジットカード紹介6 クレジットカード紹介7 クレジットカード紹介8 クレジットカード紹介9 クレジットカード紹介10 クレジットカード紹介11 クレジットカード紹介12 クレジットカード紹介13 クレジットカード紹介14 クレジットカード紹介15 クレジットカード紹介16 クレジットカード紹介17 クレジットカード紹介18 クレジットカード紹介19 クレジットカード紹介20 クレジットカード紹介21 クレジットカード紹介22 クレジットカード紹介23 クレジットカード紹介24 クレジットカード紹介25 クレジットカード紹介26 お役立ちリンク 無職でキャッシング 即日キャッシング キャッシング比較 クレジットカードで出産費用を払う クレジットカード